パナソニック

06-6908-1121



パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829)

●3A-200VAC
●親器(分電盤用)
●検知後連続動作時間約10秒~30分可変形
●信号出力端子付
●JIS協約寸法3個用
●明るさセンサなし
●受注後5営業日以内に工場出荷となります
●取付には盤用連接取付板(WR9910)をご使用ください
●人の小さな動きを敏感にキャッチして、照明を自動でON・ OFF
●親器1台で、子器6台まで接続できます(ビル用子器WN56059、WN5685Kのみが接続可能です)
長さ×幅×高さ(cm):7.4×6.0×9.3



商品名: ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器)
カテゴリー: DIY > 一般作業工具 > 電材・配管用工具 > 電材パーツ

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

2016.09.13 18:12 更新

 新たなラーメンとして、専門店がオープンしたり、カップ麺として店頭にも並ぶなど、市民権が得られつつあるのが、“油そば”。しかし、油そばについて、しっかり説明できる人は少ないのでは。スープのないラーメンの一種であり、まぜそばと呼ぶお店もある。通常、麺と具材が入っている器の、底のほうに少しだけタレが入っている。タレは多くの場合、醤油やラードを材料とした濃厚なもので、それに加えて、食べる人の好みでラー油や酢をかけてもよいとのこと。全体を混ぜ合わせ、麺や具材にタレをからめて食べるのが一般的だ。この油そばの専門店やインスタント麺、カップ麺が続々と登場しているので紹介しよう。

【送料無料】TJMデザイン タジマ ゼロセンサーKJC 【4443616】 ZEROSKJC 【レーザー墨出器】 テラオカ フッ素樹脂栓付標準セル AUV-S10-30 2面透過 :16-0901-67 ※返品不可

 PRニュース

カテゴリニュース

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

2016.09.13 16:24 更新
アシックス ウィンジョブ CP302 インシグニアブルー×ホワイト 26.0cm (1足) 品番:FCP302.5001-26.0

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

2016.09.13 16:10 更新
林原、トレハロースの最新研究を発表する「第20回トレハロースシンポジウム」を11月17日に東京・御茶ノ水ソラシティで開催、20周年記念のランチョン講演も実施

《受注生産》 パナソニック ビル用熱線センサ付自動スイッチ(親器) (WN560829) 《受注生産》-ワイヤーストリッパー

美容・化粧品

2016.09.13 16:21 更新
日東工業 盤用キャビネット露出形フカサ120mm(木製基板付) ライトベージュ塗装 長さ:50cm高さ:160cm幅:12cm B12-516LB

【P】Winning Bore ウイニングボアー 六角軸スパイラルタップ SPT-9S タップサイズM4.M5.M6 [MVW0411]

2016.09.12 13:08 更新
ザ・プリンス パークタワー東京、ハロウィンにちなんだプランや商品を期間限定販売

運動・トレーニング

データ・リポート

2016.09.12 21:27 更新
富士経済、衣料用・台所用洗剤と衛生材と芳香・消臭剤の国内市場調査、2016年市場は芳香・消臭剤分野が700億円に

保険・ライフ

2016.09.06 17:01 更新
イシハシ精工 IS テーパーシャンクドリル 37.5mm IS-TD-37.5 [A080115]

日用品・生活雑貨

レーザー距離計ライカディストD2

2016.09.08 19:53 更新
日立アプライアンス、加湿空気清浄機「自動おそうじ クリエア」EP-MVG110を発売

医療最前線

2016.08.30 13:59 更新
鉄(SCM435)/三価ステンコート 六角ボルト [強度区分:10.9] (細目・全ねじ)M18×45 《ピッチ=1.5》 【 小箱 : 1箱/50本入り 】
TAIYO 【代引不可】【直送】 油圧シリンダ 100H-21SD63BB150-AB-Y [A092321]

その他ニュース


このページの先頭へ